人生之地平線

雙唇將詩歌點亮 我們前進在地平線(世界)上 這是為了與你輾轉相逢 而約定的無盡旅程 ——引自The Glory Kingdom

[囚禁系列] 命運之鋼線 1(梅倫) (待更新)

   「打從那時候開始,你就注定逃離不了今日的命運……你的雙目四肢,更那怕是一毛一髮……也只能為我所獨有。但在什麼時候起……你的眼裡出現了其他人的身影﹖那是不被允許,更是不能饒恕的……假如命運被歪曲的話,那就由我親自糾正過來﹗而你……則成為我的禁臠。」 



    梅倫︰「薩爾卡多……你永遠都不能理解到我對你的愛有深……」
    薩爾︰「能說出來,正因為不愛。而你的愛,卻是如此的沉重。」  



   「你的名字,就是薩爾卡多。而我——就是召喚你的人。」眼前的人偶少女如此地說,這是就我從沉睡之地甦醒後所聽見的第一句話。
   「恭喜大小姐得到新的夥伴。」旁邊一名身穿上好布料所製的褐色西裝的男人微笑地說。
   「哼,布勞那傢伙總算要正常一點了。要是這次再給我幣的話,我不把他給……掉我才不是人。」
拜託……你根本就不是人好不好﹖﹗在場的三人不謀而合的內心吐糟著。
   「好了,已經很晚了,我們該是時候回去了。那個新來的,快給我跟上﹗」語畢,就轉身一甩她金色的頭髮,走了。 
   「抱歉,大小姐就是這樣子,但她人還是很好的。」那個男人微笑地低語道,然而我卻看不見他眼裡有著那怕一絲的笑意。多表裡不一的野蠻人,對不﹖
   「嗯……」我不在意地答允。
   「喔……忘差點記了自我介紹,我是卡片魔術師,叫我梅倫就可以了。」然後他拉起我的左手,面往手背的方向,越靠越近……
   「你這個野蠻人想要幹什麼﹖﹗﹗」我驚慌地用力一甩,想要把手抽回,卻不小心地甩到他的臉上……他的臉瞬間就紅腫了一片。他先是定了一定,然後看著我。只見一遍深濁得不見起伏的色,暗藏了陰霾的殺意。
   「……再碰一下,我就斬掉你的手。」我掉下一句狠話,就慌張地往那邊跑去。
   「……如果你有能力的話。」後方隱隱飄來這句話,回頭一看,那人又變回那總是微笑著的嘴臉。
    命運的鋼線,就在這刻,將我們兩人給連繫起來。

囚禁系列 | 留言:0 | 引用:1 |

硝子の棺で眠る姫君

CN   
白雪:千奈 
王子:管理人

嫉妬

01.png

「硝子の棺 眠る姫君
君は何故この境界を越えてしまったのか?
さあ、唄ってごらん…」

02.png

真雪の肌は白く 黒檀の髪は黒く
血潮のように赤い唇 冬に望まれ産まれた私


柔らかな温もり 過ぎ去りし春の匂い
甘く切ない痛み遺して 生母<はは>は遠くへ逝ってしまった……

「鏡よ鏡……此の世界で一番、美しいのは、誰なのかしら?」
「其れは貴女――《王妃様》!」
「ホッホッホッホッホッホッホ!」

03.png

継母は冷たく 亡母の愛を憶いだし
独り抱きしめ虚像と踊る 月日を重ね娘に成った……


「鏡よ鏡……此の世界で一番、美しいのは、誰なのかしら?」
「其れは貴女――《王妃様》でしたが……
今では彼女/私――《雪白姫》!」
「キィィィィー!」


「はぁ~~~!! はぁっはぁっ!! はっはっはっ 姫ぇー!」(CV.Jimang)
「はぁっ はぁっ はぁっ こっちこないで!」(CV.黒沢ともよ)
「ああぁぁ 姫!」(CV.Jimang)
「爺や!」(CV.黒沢ともよ)
「待っとくれぇ」(CV.Jimang)
「無理―!!!」(CV.黒沢ともよ)
「姫ぇ!」(CV.Jimang)

「狩人の爺やに 追いかけられ 森の奥へ逃げる……」
「っひ、っひひひひ姫!」(CV.Jimang)
「ワシだって本当は、こんなこと……したくなかったんじゃよ」「あっ!」(CV.黒沢ともよ)
「だったら、どうして?」
「姫よ、お妃様にゃ逆らえぬ」
「お願い、助けて!」
「姫よ、殺すワシも辛いんじゃよ」
「それなら、私もうお城<うち>には、帰らないと約束するわ」
「それなら、ワシにも策がある。猪殺して身代わりにしよう!」
「うんっ!」(CV.黒沢ともよ)

04.png

そして、私を待っていたのは……。(CV.黒沢ともよ)


宵闇の迫る影が 進む道を呑み込んでゆく
迷い込んだ見知らぬ森の 小さな可愛いお家


「あー!おいらの寝床で誰か寝とるんげん!」(大塚)
『マジで!?』(全員)
「死んでがると?」(大川)
「いんや、まだ生きてりっひ!」(飛田)
「皆、どうするんべるく?」(Jimang)
『う~ん』(全員)
「こういう場合は大体王子様が接吻すればいいーねん」(飛田)
「ひゃー!」『お~!!』(全員)
「って、誰かこの中に王子様はいるんしゅたいん?」(中村)
「……いや、この際おじ様でもいいんじゃね?」(大川)
『それだ!! んぅ~』 (全員)
「ぐーてん☆もるげん!」(CV.黒沢ともよ)
『おーお!』(全員)

05.png

寝起きも超スッキリな美少女、私の目覚めを待っていたのは、
可笑しな訛りを持った七人の愉快な小人達で、
その後、狡賢い継母<はは>の謀略により、幾度か死にかけたが、
その都度、奇跡的に復活し続けたのであった!(CV.黒沢ともよ)
「貴様!何者だ!」
「私の名は、Idolfried Ehrenberg。イドとでも呼んでくれたまえ」
「ふざけるな!Cortesはどこだ!」
「君のような低能に教える義理は無いな」
「うるさい!」


「もし、」
「ごめんね、お婆さん。
どんな人も、家へは、入れちゃいけないのよ……」

「留守番かい? 偉いねぇ!
さぁ、真っ赤に熟れた林檎。お前さんに1つあげよう、ほれ!」

「ごめんね、お婆さん。
いらない。私何も、貰っちゃいけないのよ……」

「あらまぁ、心配症だねえ!
そのとなりゃ、抱いてる疑惑。この婆と2つに分けよう!」


抗えない 誘ってる悪魔 7つめの罪は蜜の味
「いただきまーす!…うっ」(CV.黒沢ともよ)


「鏡よ鏡……此の世界で一番、美しいのは、誰なのかしら?」
「其れは貴女――《王妃様》!」
「ホッホッホッホッホッホッホ!」

06.png

「成る程。それで君は騙されたわけだね?
ならば、ある男の特殊な性癖を君の復讐に利用してみようか
さあ、もう暫し。運命の相手は夢の世界で待つものさ」

07.png

僕の理想の花嫁は 何処に居るのだろう?
嗚呼 西も東も 北も南も 雨にも負けず 風にも負けず
捜したけれど 見つからないのさ

13.png

未来に開く 少女も 過去に開いた 老婆も
蕾も花も 生きとし生ける 全ての女性<人>を 愛でても尚 見つからない

88.png

宵闇の迫る陰が 進む道を呑み込んでゆく
迷い込んだ見知らぬ森の 小さな可愛いお家

09.jpg

儘、閉ざされた硝子の中で、眠るように死んでる君は、
誰よりも、嗚呼、美しい。やっと、見つけたよ!


「《小人》(Zwerge)達よ、その死体を私に譲ってはくれないか?」
「こいつ」
「どう」
「見ても」
「王」
「子」
「様」
「だし」
「「「いいんじゃね?」」」

10.png

「さあ、もうすぐあのフードがやらかすぞ」
「お前たち、くれぐれも慎重に運ぶように」
「はい、殿下!」
「心の準備はよろしいかな?お姫様」
「ああーっ!」
「ぐーてん☆もるげん!」
「うわあー!」
「さあ、復讐劇の始まりだ!」」

11.png

魔性のは肌は白く 黒曜の髪は黒く
焔のように赤い唇
妬いたのが お前の罪なら
灼けた靴で――


死 ぬ 迄 踊 れ !


「きゃははっ! あははっ! あーはっはっは! なーにそれえ! もっと上手に踊ってくださらない?
せっかくの可愛い娘の婚礼なのよお? あーはっはっは!」(CV.黒沢ともよ)
「なんてことだ…」

「鏡よ鏡、メル鏡
この世界で一番可愛いのは誰かしら?ウフフ!」
「勿論、それはエリーゼ姫さ」
「本当!?嬉しい!アハハハハ!」

继续阅读

题目:Cosplay - 博客分类:相片部落

未分類 | 留言:0 | 引用:1 |
| 主页 |